カテゴリ:その他ボートレース情報

桐生ボートレース(競艇)予想に役立つ情報|水面特徴,コースデータなど

  •  

桐生ボートレース(競艇)予想に役立つ水面特徴について


桐生競艇場は群馬県のナイター開催を行っている競艇場です。

ちなみに、全国の競艇場の中で初めてのナイターレース開催を実施したのは、この桐生です。

桐生の第1ターンマークからスタンドまでの距離は47Mです。

第2ターンマークからスタンドまでの距離は68Mとなっています。

桐生ボートレース場は助走距離の少ないスロースタートのイン水域より、助走距離を長くとれる4,5,6コースのダッシュ勢からの艇が主導権を握って攻めることが多いです。

ダッシュ3者の1,2,3着という出目も出やすい。

しかし、季節によって水面状況が大きく変化するため桐生ボートレース(競艇)予想の際は注意が必要です。

桐生の春は桐生特有の赤城下ろしが吹いて1Mの水面は非常に荒れやすい状況になります。

桐生の夏は穏やかな水面が多く、捲りが効きやすくなります。

地元群馬支部のボートレーサーは対処できる選手が多いため、1Mが荒れている場合はB級選手でも地元選手には注意が必要です。

桐生では安定板の装着をする機会も多くなります。

その他の特徴としては水質は淡水です。

チルト角度は-0.5,0,+0.5,+1.0まで認められています。

桐生ボートレース(競艇)予想に役立つ水面特徴は以上です。


桐生競艇場のコースデータについて


このデータは2018年1月~8月の全レースです。

桐生1コースの1着率は51.2%です。

桐生2コースの1着率は15.5%です。

桐生3コースの1着率は12.3%です。

桐生4コースの1着率は12.2%です。

桐生5コースの1着率は7.7%です。

桐生6コースの1着率は2.1%です。


次に全国競艇場の各データは以下の通り。

全国1コースは54.5%です。

全国2コースは15.1%です。

全国3コースは12.4%です。

全国4コースは11.3%です。

全国5コースは6.0%です。

全国6コースは2.1%です。


桐生競艇場と全国平均を比べて見るとほぼ同じ数値となっています。

ただ、1コースの強さは平均よりも劣っています。イン絶対といえない場です。

また、4,5コースの1着率も桐生がわずかながら上回っています。

コースデータ的には桐生は全国平均に限りなく近い場といえます。

桐生ボートレース(競艇)予想に役立つコースデータは以上です。

» ボートレース情報の続きを読む

ボートレースのグレード(格付け)とは?競艇のレースの種類

  •  
ボートレースには複数のグレードがあります。

365日、全国どこかの競艇場で開催されているのは一般戦といいます。

G3は企業杯やオールレディース、マスターリーグなどがあります。

G2はMB大賞や秩父宮妃記念杯などが開催されいます。

G1は優勝賞金が高く450~1200万円の競走で基本的にA1級選手が出場します。

SG(スペシャルグレートレース)は競艇界で一番大きなスター選手ばかりの大会となります。

SGの最高賞金は毎年年末に行われるSGグランプリの賞金1憶円です。

グランプリはその年の獲得賞金18位以内の選手が出場できます。

このグランプリをボートレーサー達は最大の目標としています。

ボートレース界のNO1を決める大会です。

SGは年間8回開催され、グランプリ以外は1600~4000万円の優勝賞金があります。

SGはボートレースクラシック、ボートレースオールスター、グランドチャンピオン、オーシャンカップ、ボートレースメモリアル、ボートレースダービー、チャレンジカップ、グランプリ(グランプリシリーズ)の合計8開催となります。

ボートレースSG、PG1の開催日程,スケジュールはこちら

このSGを走れるのは厳しい条件をクリアしたレーサーのみが出場できる最高峰のレースです。

ボートレースはデイ開催とナイター開催があります。

ナイター場は桐生、蒲郡、住之江、丸亀、下関、若松の6場となっています。

15時頃から20時40分頃まで開催されています。

ボートレース予想無料ならトップページへ

ボートレースのルールとは?基本的な競艇のルール

  •  
ボートレースは基本的に6艇のボートで行われる競技です。

この6艇は必ず、番号(艇番)と色が決まっています。

1号艇(白)、2号艇(黒)、3号艇(赤)、4号艇(青)、5号艇(黄)、6号艇(緑)です。

他の公営競技の競馬、競輪、オートレースより最も少ない出走数となっています。

ということは舟券の的中率も最も高いということになります。

ボートレースの舟券の種類は7種類あります。

単勝は6分の1の確率、複勝は3分の1の確率、拡連複は15分の3、2連複は15分の1、2連単は30分の1、3連複は20分の1、3連単は120分の1となります。

ボートレースの基本ルールについて。

ボートレース、競艇はスタート後、第1ターンマークと第2ターンマークを順に旋回、ターンして、1周600Mのコースを3周で合計1800M走り、入着の順位を決めることになります。

先ほどスタート後といいましたが、ボートレースは「よーいドン」のスタートではありません。

ボートはフライングスタート方式というスタート方法になります。

決まった時間内にスタートラインを通過することになります。

このフライングスタート方式ではスタートラインを他の選手より早く通過すれば、それだけ有利ですが、大時計が0秒をさす前に通過してしまうとフライング(F)となってしまいます。

逆に1秒以上遅れてスタートラインを通過すると出遅れ(L)となってしまい欠場扱いとなります。

ちなみにフライングと出遅れが発生した場合は、フライング、出遅れの選手の舟券は返還、払戻しとなります。

レース中に転覆した場合は返還、払戻しはありませんので覚えておいてください。

ボートレース予想無料ならトップページへ

全国ボートレース場の企画レース~企画レースのデータも公開しています~

  •  

桐生ボートレース場の企画レースについて。


桐生の企画レースは1R、6R、8Rです。
それぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は桐生1R「目玉レース」で4号艇にA級選手、他はB級選手となります。
4号艇の1着率は40%となっています。
企画レースの2つ目は桐生6R「目玉レース」で1号艇にA級選手、他はB級選手です。
1号艇の1着率は86%とかなり高いデータです。
企画レースの3つ目は桐生8R「いちごレース」で1号艇、5号艇にA級選手、他はB級選手になります。
1号艇の1着率は63%、5号艇は10%です。
以上が桐生の企画レースとなります。


戸田ボートレース場の企画レースについて。


戸田ボートレース場の企画レースについて解説します。
戸田の企画レースは2R、7Rの2レースです。
それぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は戸田2R「ウインウイン2」で4号艇にA級選手、他はB級選手です。
4号艇の1着率は45%にとどまっています。
企画レースの2つ目は戸田7R「ウインウイン7」で1号艇にA級選手、他はB級選手です。
1号艇の1着率は72%となっています。
戸田はインコースが最も弱い場といっても過言ではありません。
企画レースでは意外とインが勝ち切っています。
ただし、エンジン、モーターの裏付けがない場合はインを信頼してはいけません。
以上戸田の企画レースとなります。


平和島ボートレース場の企画レースについて。


平和島ボートレース場の企画レースをお知らせします。
平和島の企画レースは5Rのみとなっています。
シード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は平和島5R「Afternoon Pleasant Race」でA級選手を内側に配置となっています。
1号艇の1着率は55%となっています。
平和島の企画レースは、あまりガチガチの本命戦ばかりではありません。
意外と1号艇が2着など敗れるケースが多いです。
5,6コースの1着は厳しいですが、2,3,4コースは10%超えの1着率です。
A級選手を内側に配置しているため、このような成績になっていると思われます。
ただし、エンジンがいい選手が5,6コースにいた場合は、思い切って狙いましょう。
エンジン、モーターの裏付けは重要です。
企画レースでも企画レースでなくても、エンジン、脚が重要です。
平和島の企画レースは以上です。


多摩川ボートレース場の企画レースについて。


多摩川ボートレース場の企画レースを解説します。
多摩川の企画レースは1Rと9Rの2レースのみです。
2つのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は多摩川1R「まつりだone」で原則A級選手の2名とB級選手の4名で構成されています。
1号艇の1着率は71%とインが強い傾向にあります。
企画レースの2つ目は多摩川9R「ターゲット9」で原則1号艇にA級選手で、2~6号艇にB級選手で構成。
1号艇の1着率はこちらも72%とインが強い傾向です。
多摩川の企画レースまつりだoneではインも強いですが、センター枠に伸びがある選手がいる場合は簡単に捲ってしまうことがあります。
センター枠にエンジンがいい選手がいると捲って差してのセオリー舟券が有効です。
1号艇があまりいいエンジンでない場合は思い切って切りましょう。
多摩川の企画レースは以上となります。


浜名湖ボートレース場の企画レースについて。


浜名湖ボートレース場の企画レースをご紹介します。
浜名湖の企画レースは4R、9Rの2レースです。
それぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は浜名湖4R「ランチタイム戦」で1号艇にA級選手、他はB級選手となります。
1号艇の1着率は73%となっています。
企画レースの2つ目は浜名湖9R「進入固定戦」で1号艇から6号艇まで枠なり進入となります。
1号艇の1着率は48%となっています。あまりインが強いという印象はありません。
4Rのランチタイム戦は伸びのある選手がいる場合は荒れること多々あります。
捲って差してのセオリー舟券が簡単に成立することもあります。
伸びがいいエンジンがダッシュにいる場合は狙うことを推奨します。
以上が浜名湖の企画レースとなります。


蒲郡ボートレース場の企画レースについて。


蒲郡ボートレース場の企画レースは1つのみです。
その蒲郡の企画レースは7Rの1レースのみとなります。
蒲郡のシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は蒲郡7R「進入固定戦」で1号艇から6号艇まで枠なり進入となります。
1号艇の1着率は61%となっています。
ただ、一つ面白いデータがあります。
それは3コース3号艇の1着率22%もあります。
その他は10%以下です。
この進入固定は3コースの捲り差しが非常に多いです。
蒲郡企画レースの進入固定戦は3コースの捲り差しに注意してください。
蒲郡企画レースの進入固定戦といえば、1、3、4号艇の争いが多いです。
以上が蒲郡の企画レースとなります。


津ボートレース場の企画レースについて。


津ボートレース場の企画レースは2レースあります。
津の企画レースは1R、5Rとなっています。
津のそれぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は津1R「ツッキーレース」で1号艇に主力A級選手となります。
1号艇の1着率は76%となっています。平均より少し高めです。
企画レースの2つ目は津5R「5ールドレース」で1号艇に主力A級選手を配置。
1号艇の1着率は84%とかなり高いインデータがでています。
津の企画レースは2レースともインの信頼度は高いデータになっています。
以上が津の企画レースとなります。


三国ボートレース場の企画レースについて。


三国ボートレース場の企画レースは、4レースもあります。
三国の企画レースは1R、2R、3R、4Rの前半4レースです。
三国のそれぞれのシード番組、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は三国1R「みくにあさイチ」で1号艇A級、残りの他はB級となります。
1号艇の1着率は83%となっています。さすが三国の鉄板1号艇。ただ荒れると10万舟超えが。
企画レースの2つ目は三国2R「みくにあさガチ」で1,2号艇にA級、残りの他はB級です。
1号艇の1着率は61%です。2号艇は23%となっています。1号艇VS2号艇の番組。
企画レースの3つ目は三国3R「みくにあさズバ」で1,3号艇はA級、残りの他はB級です。
1号艇の1着率は49%、3号艇は17%となっています。
このレースに限っては2,3,4号艇の1着率は、あまり差はありません。
1VS3というより1VS2,3,4といった番組になっています。
企画レースの4つ目は三国4R「みくにあさトク」で1~3号艇にA級、残りの他はB級です。
1号艇の1着率は42%です。このレースは1VS2,3,4といった番組に近いです。
三国の企画レースは1Rと2Rがわかりやすい番組です。
三国の企画レースは以上となります。


びわこボートレース場の企画レースについて。


びわこボートレース場の企画レースについて。
びわこの企画レースは1R、5R、6Rです。
それぞれのシード、びわこの企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目はびわこ1R「びわこ幕開け戦」で1号艇にA級選手、他のB級選手5名となります。
1号艇の1着率は65%となっています。そこまで信頼はありません。3,4コースの1着率は10%超えです。
企画レースの2つ目はびわこ5R「ゴゴイチびわこ」で1号艇に主力選手、2号艇にはA級選手、他は全てB級選手4名となります。
1号艇の1着率は58%となっています。2号艇は23%です。
1VS2といった番組構成です。
企画レースの3つ目はびわこ6R「スゴ6!びわこ」で1号艇、3号艇および4号艇にA級の選手、他はB級の選手3名となります。
1号艇の1着率は44%となっています。4コースは27%超えです。
この企画レースは1,3,4の争いというデータがあります。企画通りのレースになっています。
びわこでは、インコースの過信は禁物です。
SG級の選手でも簡単に負けることがあります。
びわこの企画レースの1号艇はどれも70%を超えていません。
びわこの企画レースは以上です。


住之江ボートレース場の企画レースについて。


住之江ボートレース場の企画レースについて。
住之江の企画レースは5Rです。
住之江のシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は住之江5R「住之江ファイブ」で1号艇にA1選手となります。
1号艇の1着率は77%となっています。3,5,6コースの1着率は極端に低いデータです。
2,4コースは8%ほどあります。
この企画レース、住之江5Rの住之江ファイブは1号艇にA1級が配置されますが、6号艇にA級が配置されることが多いです。
A級でなくても6号艇に対抗といえそうな選手を配置しています。
ただ、6号艇の1着は厳しく2,3着で終わる結果が多いです。
企画レースは基本的に1号艇有利に変わりはなく、相手を選ぶのも苦労します。
では企画レースは買わないほうがいいのか。
それは違います。
企画レースに脚のいい選手、エンジンのいい選手がいる場合に購入を推奨します。
脚が一緒くらいのレースは1号艇が逃げても後はだれがきてもおかしくありません。
しかも、オッズは低いという悪循環です。
でも、脚がいい選手がいればその選手を中心に考えれば自然と穴も的中します。
住之江の企画レースは以上です。


鳴門ボートレース場の企画レースについて。


鳴門ボートレース場の企画レースは多く5レースもあります。
鳴門の企画レースは1R~5Rです。
それぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は鳴門1R「どーなるなると!1本目!」で1,4号艇がA級の選手となります。
1号艇の1着率は54%となっています。2,3,4コースは10%超えです。
企画レースの2つ目は鳴門2R「どーなるなると!2本目!」で特賞番組となります。
1コースから3コースの1着率がそれぞれ20%超えです。
企画レースの3つ目は鳴門3R「どーなるなると!3本目!」で1号艇にA級の選手となります。
1号艇の1着率は67%です。2,3コースは10%超えです。
企画レースの4つ目は鳴門4R「どーなるなると!4本目!」でA級の選手が3選手以上出走となります。
1号艇の1着率は36%です。2コースは24%です。このレースは混戦レースといえます。
1着はだれでもありえるレースとなっています。
企画レースの5つ目は鳴門5R「どーなるなると!5本目!」で1号艇にA級の選手となります。
1号艇の1着率は76%です。企画レースらしいデータが出ています。
鳴門の企画レースは全国の中でも多く5レースもあります。
企画レースだと知らずに購入している方も多いので注意が必要です。
鳴門競艇場は全国の中で高配当が非常に多いです。
エンジン差が結構あり、5,6コースからでも1着に来ます。
鳴門では脚の良し悪しがはっきりとでますので脚マニュアルは必見です。
以上が鳴門の企画レースです。


丸亀ボートレース場の企画レースについて。


丸亀ボートレース場の企画レースについてお知らせします。
丸亀の企画レースは1R、5R、8Rとなっています。
それぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は丸亀1R「ウェルカムブルーナイター!オープニングレース」で1号艇に主力選手、2,3,4,5,6号艇にB級選手となっています。
1号艇の1着率は69%となっています。
企画レースの2つ目は丸亀5R「5!GO!レース」で1,3,4号艇に原則として主力選手を配置しています。
1号艇の1着率は57%となっています。
企画レースの3つ目は丸亀8R「まるぽでGO!進入固定レース」で1,2,4号艇に主力選手、3,5,6号艇にB級選手の進入固定レースです。
1号艇の1着率は72%となっています。
特に8Rは3連単200円代のガチガチ配当も出ます。少し荒れるとビック配当が飛び出します。


児島ボートレース場の企画レースについて。


児島ボートレース場の企画レースは3つあります。
児島の企画レースは1R、6R、9Rです。
児島のそれぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は児島1R「朝とくガァ~コ戦」で1号艇にA級の選手、他はB級の選手を配置。
1号艇の1着率は82%とかなり高いデータを残しています。
企画レースの2つ目は児島6R「昼とくクラリス戦」で1~3号艇がA級の選手、4~6号艇がB級の選手。
1号艇の1着率は58%です。2号艇は20%、3号艇は10%超えです。
1号艇有利ですが2,3コースの逆転は十分にあります。
3連単300円台で決着することもあります。
企画レースの3つ目は児島9R「進入固定戦」で1~6号艇が枠なり進入。
1号艇の1着率は65%です。4号艇は20%超えです。
1VS4の番組を組んでいます。
ただ、進入固定なのでやはり1コース有利です。
しかし、4コースにA1級で3コースがスリットでへこむ場合はダッシュの出番があります。
以上が児島の企画レースです。


宮島ボートレース場の企画レースについて。


宮島ボートレース場の企画レースについて。
宮島の企画レースは1R、4R、9Rです。
それぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は宮島1R「ファーストバトル」で1号艇にA級の選手、他はB級の選手という番組。
1号艇の1着率は70%となっています。4コースは10%です。
企画レースの2つ目は宮島4R「ランチタイム」で1号艇、2~4号艇のいずれかにA級選手という番組。
1号艇の1着率は57%となっています。2,4コースは15%ほどあります。
3,5,6コースの1着は厳しいレースです。
企画レースの3つ目は宮島9R「ティータイム」で進入固定レースの番組。
1号艇の1着率は65%となっています。
宮島の企画レース1Rと4Rは4カドの一撃に要注意です。
モーター、エンジンのいい選手、伸びがいい選手がいる場合は要注意です。
地元選手がいる場合もスタート注意です。
以上宮島の企画レースとなります。


徳山ボートレース場の企画レースについて。


徳山ボートレース場の企画レースについて解説します。
徳山の企画レースは1R~4Rの4レースです。
徳山のそれぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
徳山は、もともとインが弱い場でしたが、企画レースのイン勝率はどうでしょうか?
確認してみましょう。
企画レースの1つ目は徳山1R「モーニング特賞」で1号艇にA級の選手、他はB級の選手となります。
また進入固定でもあります。
1号艇の1着率は86%と企画レースの中でもトップクラスの鉄板成績です。
企画レースの2つ目は徳山2R「グランプリ特賞」で1号艇にA級の選手となります。
1号艇の1着率は72%となっています。3コースだけが10%超えです。
企画レースの3つ目は徳山3R「プライド予選」で1号艇にA級の選手となります。
1号艇の1着率は81%と、こちらもハイアベレージ。
企画レースの4つ目は徳山4R「モーニング予選」で1号艇にA級の選手、他はB級の選手という番組。
1号艇の1着率は74%です。2コースだけが10%超えです。
徳山の企画レースに限ってはインが相当強い番組構成になっています。
ただ、近年進入、コース取りのルール改正後は全国的に非常にインが強くなった傾向があります。
売り上げが上がるので仕方ないですが・・・。穴党の方は複雑な気持ちでしょうか?
いいえ。脚がいい選手、エンジン、モーターがいい選手が企画レースに出走しているレースを狙えばいいだけの話です。
脚がいい選手を狙っていれば自然と高配当にたどり着きます。
徳山の企画レースは以上です。


下関ボートレース場の企画レースについて。


下関ボートレース場の企画レースは3レースあります。
下関の企画レースは1R、5R、7Rです。
下関のそれぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は下関1R「シーモ戦」で1号艇にA級の選手、他はB級の選手という番組。
1号艇の1着率は70%です。
企画レースの2つ目は下関5R「進入固定戦」で1,4号艇にA級の選手、他はB級の選手という番組。
1号艇の1着率は69%、4コースは14%です。
企画レースの3つ目は下関7R「ふく~る戦」で1号艇にA級の選手という番組。
1号艇の1着率は59%、2,3コースは10%超えです。
下関の企画レースは、トップクラスの鉄板レースというまではいきません。
ただ下関はナイター開催になってからインコースが強くなっています。
また番組表も1号艇がっ軸になるような構成が多いです。
住之江と似ている気がします。
G1、SGとなるとイン逃げの嵐とることも。
以上が下関の企画レースです。


若松ボートレース場の企画レースについて。


若松ボートレース場の企画レースについて解説します。
若松の企画レースは5R、8R?です。
それぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は若松5R「進入固定レース」で1号艇、2号艇、4号艇にA級の選手、他はB級の選手という番組。
1号艇の1着率は47%となっていますが2コースも34%と高い数字です。
若松の企画レースは2コース差しに注意してください。
特に5Rの2コースは強いです。
企画レースの2つ目は若松8R?確か企画レース?で1号艇、2号艇、3号艇にA級、人気の選手という番組が多い。
1号艇の1着率は73%となっています。このレースでは5,6コースの1着は、ほぼ皆無です。
若松で追い風が強く吹くと、2コースなどの差し、イン逃げしか決まらないことが多いです。
地元選手の捲りには要注意。
若松の企画レースは以上です。


芦屋ボートレース場の企画レースについて。


芦屋ボートレース場の企画レースは全国一多く7レースもあります。1日の半分以上が企画レース!
芦屋の企画レースは1R~5Rと7Rと8Rです。
芦屋のそれぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は芦屋1R「サンライズV戦」で1号艇にA級の選手。他はB級の選手という番組。
1号艇の1着率は79%となっています。芦屋1Rといえば新開選手ですね。超ビック配当でした。
企画レースの2つ目は芦屋2R「サンライズW戦」で1号艇、4号艇にA級の選手。他はB級の選手という番組。
1号艇の1着率は59%、4コースは22%となっています。
企画レースの3つ目は芦屋3R「サンライズX戦」で1号艇、3号艇、5号艇にA級の選手。他はB級の選手という番組。
1号艇の1着率は58%、3コースは20%となっています。
企画レースの4つ目は芦屋4R「サンライズY戦」で1号艇にA級の選手で進入固定という番組。
1号艇の1着率は84%とハイアベレージなっています。芦屋の4Rのインは鉄板の印象が強いですね。
企画レースの5つ目は芦屋5R「サンライズZ戦」で1号艇、2号艇にA級の選手という番組。
1号艇の1着率は58%、2コースは22%です。
企画レースの6つ目は芦屋7R「進入固定戦」で1号艇から6号艇まで枠なり進入。
1号艇の1着率は68%です。2コースだけが10%超えです。
企画レースの7つ目は芦屋8R「昼どき戦」で1号艇がA級の選手です。
1号艇の1着率は64%です。この8Rは結構荒れる印象。
ダッシュに脚のいい選手がいることがあったり、捲り屋が配置されることも。
芦屋の企画レースは基本的にとにかくわかりやすく、企画通りのデータです。
ただ、一歩間違えると超ビック配当がでます。
芦屋は半分以上が企画レースということもありますが、12レース全てイン逃げという結果は珍しくありません。
芦屋はわかりやすいので初心者の方にもおすすめです。
以上が芦屋の企画レースです。


唐津ボートレース場の企画レースについて。


唐津ボートレース場の企画レースについて公開します。
唐津の企画レースは1R、~4Rです。
唐津のそれぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は唐津1R「朝1戦」で1号艇にA級選手、他はB級選手となります。
1号艇の1着率は81%となっています。平均より高い数値です。
企画レースの2つ目は唐津2R「モー2ング戦」で1号艇と2号艇に主力の選手、他はB級選手となります。
1号艇の1着率は51%、2号艇は27%となっています。
企画レースの3つ目は唐津3R「3ライズ戦」で1号艇と3号艇に主力の選手、他はB級選手となります。
1号艇の1着率は48%、2コース15%、3コース22%と内枠3者の勝負になっています。
企画レースの4つ目は唐津4R「おは4戦」でA級3者、B級3者という番組表。
1号艇の1着率は58%、2,3,4コースは10%超えです。
内4者の争いというイメージです。
唐津の企画レースは1R以外はそこまで差の出るレース、わかりやすいレースではありません。
以上が唐津の企画レースとなります。


大村ボートレース場の企画レースについて。


大村ボートレース場の企画レースは4レース。
大村の企画レースは1R、2R、5R、7Rです。
大村のそれぞれのシード、企画内容は以下の通りです。
企画レースの1つ目は大村1R「めざまし戦」で1号艇に主力選手、 他はB級の番組です。
1号艇の1着率は83%と高い数値となっています。さすがは、イン天国の大村ですね。
企画レースの2つ目は大村2R「朝ガチ戦、昼ガチ戦」で1号艇に主力、+1名A級の選手、他はB級の番組です。
1号艇の1着率は65%となっており、2コースは10%超えです。
この2Rは波乱もあり、3,4,5コースの1着率は差がありません。
企画レースの3つ目は大村5R「進入固定レース」で1号艇から6号艇まで枠なりの番組です。
1号艇の1着率は86%とハイアベレージ!やはり大村でイン主力、進入固定となると圧倒的イン有利。
企画レースの4つ目は大村7R「進入固定レース」で1号艇から6号艇まで枠なりの番組です。
1号艇の1着率は60%どまり。これは3,4コースにもある程度の選手を配置しているからです。
この7Rの進入固定は1,2,3,4の争いとなっています。
大村の企画レースは、とにかくインが強いレースと、内枠の争いと2パターンあります。
それぞれの企画レースの意味を理解して勝負しましょう。
大村ではインに強い選手がいて、4カドに捲り屋がいるレースは注意。
二人でやり合い、5,6コースが差し抜けるレースが完全な高配当のパターンです。
ただし、脚、エンジン、モーターがいい選手がいる場合です。
以上が大村の企画レースです。




SG,PG1のスケジュール,開催日程|2018

  •  
2018年のSG、プレミアムG1のスケジュール,開催日程をお知らせします。
SG開催は9大会、PG1開催は4大会あります。
各大会の出場資格も記載しています。

↓SG開催日程、スケジュール↓

スペシャルグレードレースは以下の通りです。

≪3/16~3/21≫
浜名湖でSGボートレースクラシック。

ボートレースクラシックは総理大臣杯と呼ばれていましたが第49回より現在の名称へ変更されました。
なお、クラシックの出場資格は前年優勝、SGグランプリの優出者6名、前年の1月~12月末のSG・G1・G2で優勝、G3以下の競走で優勝戦回数上位者となります。


≪5/22~5/27≫
尼崎でSGボートレースオールスター。

ファン投票で出場選手が決まるSGレースです。第41回からボートレースオールスターの名称へ変更されました。
オールスターの出場資格は前年優勝、SGグランプリの優出者6名、直近のSGボートレースクラシック優勝者、ファン投票上位のボートレーサーとなります。


≪6/19~6/24≫
徳山でSGグランドチャンピオン決定戦。

SGの中のSGとも言われるのがグランドチャンピオンです。SGの中でもレベルの高いレースです。
出場資格は前年優勝、SGグランプリの優出者6名、直近のSGオールスターの優勝者、前年4月~3月末のSG優出完走者、SG予選得点上位者となります。


≪7/11~7/16≫
若松でSGオーシャンカップ。

オーシャンカップは海の日を記念して開始されました。G1で活躍、成績を残したレーサーが出場します。
出場資格は前年優勝、SGグランプリの優出者6名、直近のSGグランドチャンピオンの優勝者、前年5月~4月末のG1、G2の優勝戦得点上位者となります。


≪8/21~8/26≫
丸亀でSGボートレースメモリアル。

各ボートレース場を代表するレーサーが集結!各レース場の意地のバトル。
出場資格は前年優勝、SGグランプリの優出者6名、直近のSGオーシャンカップの優勝、各競艇場の推薦選手(一場あたり2名)、開催場の希望選手です。


≪10/23~10/28≫
蒲郡でSGボートレースダービー。

勝率上位者が出場できるレース。最も歴史と権威があるSGレースとされています。
出場資格は前年優勝、SGグランプリの優出者6名、直近のSGボートレースメモリアルの優勝、前年8月~7月末の勝率上位者です。


≪11/20~11/25≫
芦屋でSGチャレンジカップ。

チャレンジカップは一番新しいSGです。新設されたSG。SGグランプリに向けて最後の勝負掛けとなります。
出場資格は1月から10月末の獲得賞金上位者です。


≪12/19~12/24≫
住之江でSGグランプリシリーズ。

惜しくもSGグランプリに出場できなかった選手達により行われるレースです。
よって通常のSGより賞金も少ないです。
出場資格はグランプリ出場選手を除く、1月からSGチャレンジカップまでの獲得賞金上位者です。


≪12/19~12/24≫
住之江でSGグランプリ。

いわゆる賞金王決定戦です!獲得賞金上位18名のボートレーサーによるトップ中のトップ、ボートレース界最高峰のSGレース。
出場資格は1月~SGチャレンジカップまでの獲得賞金上位18名となります。



↓PG1の開催日程、スケジュール↓

プレミアムG1は以下の通りです。

≪4/17~4/22≫
福岡でPG1のマスターズチャンピオン。

ベテラン選手のナンバーワンを決めるレースです。
出場資格は前年優勝、当年4月1日現在で満45歳以上のマスターズリーグ優勝者、勝率上位者、施行者の希望者2名です。


≪7/31~8/05≫
桐生でPG1のレディースチャンピオン。

女子レーサーだけで行われるG1。
出場資格は前年優勝、オールレディース優勝の選手、女子レーサー勝率上位者です。


≪9/19~9/24≫
浜名湖でPG1のヤングダービー。

新設された若手選手のナンバーワンを決めるレースです。
出場資格は前年優勝者、G3イースタンヤングまたはウエスタンヤングの優勝者、当年9月1日の時点で満30歳未満の勝率上位者です。


≪12/26~12/31≫
平和島でPG1のクイーンズクライマックス。

新設された女子レーサーの獲得賞金上位12名による賞金王決定戦。
女子によるナンバーワンを決めるG1です。
出場資格は1月からSGチャレンジカップ、G2レディースチャレンジカップまでの女子選手の獲得賞金上位12名です。

SG競艇の鉄板ボートレース予想も無料で表示中

ボートレースの勝ち方&勝つ方法~初心者でも出来るレース選びとは~

  •  
ボートレースの勝ち方、勝つために絶対に知っておいてほしいこと、必要なことをお知らせします。

舟券の買い方、予想の仕方&方法、勝てるレースの選び方など重要となります。

勝ち方で重要なことは特に選ぶレースを間違えないこと、3連単は120通りではないということ。

ボートレースの勝ち方を是非知って下さい。

ボートレース予想を無料で公開中



ボートレースの勝ち方|初心者でも出来るレース選び


まず初めに。勝てるレースと勝てないレースがあります。

必ず勝てない、必ず負けるというわけではありませんが、

勝負レースとして買うべきレースと買うべきではないレースがあります。

1号艇にA1選手がいるからと言って全てを信頼していいわけではありません。

どれほど勝率に差があっても信頼してはいけません。

どれほど1番人気のオッズが低くても、強い選手がいても簡単に信用はできません。

1号艇のA1選手が負けるから穴が出ます。

当サイトでは、勝ち方として買ってもいいレース、勝負していいレース、

買う価値のあるレースをご提供しています。

これだけでも飛躍的に的中率、回収率がUPします。

勝ち方として一番重要なことは自分の精神コントロールをすることです。

私の場合は基本的に少額購入です。

常に自分の精神コントロールをしています。

これが出来なければ絶対に負けに繋がります。

欲張って何点も1000円購入するようなことは危険です。

これはギャンブル全てに言えることかと思います。

勝ち方として初めに当日の掛け金を決めておくことです。

また最低利益の設定も決めておくべきです。

1レースに賭ける金額も必ず決めておいて下さい。

とにかく、勝ち方、勝つためには情報を知って下さい。

会員様には競艇で勝つ方法&万舟的中方法も教えます。

鉄板の軸がいれば的中率も飛躍的にUPします。


勝ち方|3連単舟券は120通りではない


勝ち方として競艇は買うべき範囲も決まっています。

3連単は120通り、2連単は30通りありますが

全ての買い目に的中のチャンスがあるわけではありません。

当サイトの提供している勝負レースや鉄板レースは全て買うべき範囲が決まっています。

3連単120通りから買っていては的中率、回収率は下がる一方です。

勝つために、いかに勝負していいレースかどうかの見極めが重要かわかって頂けるかと思います。

あまり詳細は書けませんが3連単は120通りではありません。

最悪でも3連単は48通り以内に90%近い確率で的中舟券があります。

これは本命、穴も含めた結果です。

この中に的中舟券があるとわかっていればさらに的中率、回収率はUP出来ます。

勝ち方として実はボートレースはあらかじめ買うべき範囲が決まっています。

1日の全国全レースの内80%以上がある程度絞れてしまうレースになります。

また、記念レース、SG、G1などでも80%以上をキープ出来ます。

3連単の価値観が大きく変わります。

勝ち方として知るべき情報を知って下さい。

当サイトの会員では全買い目の閲覧が出来、全マニュアルを包み隠さずご提供を致します。

従いまして、買い目を見て買うだけではなく、ご自身でも予想が出来るようになります。

実際に場へ行って、使用出来るようにもなります。

この勝ち方、予想方法等は全国全レースに使える方法でもあります。

是非、勝ち方、ポイントを知って下さい。

本当に大きく価値観が変わります。


会員様に伝授する内容


会員様には勝ち方として重要なことを全て教えます。

勝ち方として展示の見方やレース選びは難しいかと思います。

よって当サイトでは勝負できるレース、買い目を会員サイトにて公開しています。

希望する方にはボートレース、競艇を知るためのマニュアルも提供しています。

ご自身でも買い目を出せるように徹底解説もしています。サポートも無料です。

展示をみて気配をみるのは初心者には難しいと思います。

よって会員様には、出走表にあるデータ、結果などから気配を見る方法なども教えます。

今からお知らせする内容は勝ち方、勝つための基本的な内容です。

知っておくだけでもいいので覚えておくことを推奨します。


勝ち方~初日のポイント~



勝ち方の初日について。

初日はまずは、各選手のエンジン、モーターの相場を確かめる日です。

エンジン、モーターだけでなく、乗り心地がいいかどうかも重要となります。

選手のコメントも必要ですが、展示で思い切りターンできているかどうかも重要です。

その後、レース中のターンの仕方、握れているのか、引き波を超えられるのかも注目。

展示の基本中の基本、ターンマークを外さずに回れているかどうかは気にしないで下さい。

SGは絶対にいい選手を見つけるよりも悪い選手を見つけて下さい。

会員様に提供している競艇は脚が全てマニュアルに記載していますが、

初日から最終日まで追い続ける価値のある選手も初日で決まります。

この方法は初心者でも出来る簡単な方法です。

しっかりした根拠のある予想方法です。



勝ち方~2日目のポイント~



勝ち方の2日目について。

2日目からは再確認と勝負です。

初日よかったエンジンと悪かったエンジンの確認が重要です。

そして、初日からよかった選手は2日目から思い切って信頼して最終日まで追い続けましょう。

に初日よかった選手は2日目以降も是非信頼して下さい。

脚が全てマニュアルに公開していますが、初日NO1評価の選手は絶対に最終日まで注目です。

詳細は会員様のみに公開しております。

SGは絶対にいい選手を見つけるよりも悪い選手を見つけて下さい。

会員様に提供している脚が全てマニュアルではエンジンの善し悪しが

一発でわかるようになっています。

不要な艇は買わないことです。


勝ち方~3日目のポイント~



勝ち方の3日目について。

3日目も再確認と勝負です。

ここで重要なことは昨日良かったエンジンだけを狙うのではなく、初日良かったエンジンも追うことです。

2日目よかった選手よりも初日を重視してください。

初日NO1評価の選手の見つけ方などはマニュアルにございます。


勝ち方~4日目のポイント~



勝ち方の4日目について。

4日目からは準優勝戦への勝負がけです!

と、言いたい所ですが、何度でも言います。

4日目は、勝負がけエンジンを狙うのではなく、昨日良かったエンジンだけを狙うのではなく、初日良かったエンジンも追うことです。

勝負がけの選手は狙うのではなく、うまく利用してください。


勝ち方~5日目のポイント~



勝ち方の5日目について。

5日目は注意点があります。

準優勝戦日は準優メンバーの前半戦は買わないでください。

後半に重要な準優勝戦がありますので心理的にも影響があります。

SG、G1では準優勝戦は基本的に1回走りのため問題ありません。

準優勝戦も言うまでもなく初日からよかったエンジンを中心に購入です。

昨日良かった選手だけを狙うのではなく、初日良かったエンジンも追うことです。


勝ち方~最終日のポイント~



勝ち方の最終日について。

最終日はイン中心となります。

上位6人が抜けており、最終日はエンジン差はあまりありません。

初日悪かったA1選手は特に最終日に向けてエンジンを最低限良くしてきます。

これをできるのがA1選手です。

12R優勝戦で初日NO1評価の選手が1号艇ならば信頼度は飛躍的にUPします。

12R優勝戦でも、昨日良かった選手だけを狙うのではなく、初日良かったエンジンを追うことです。

水面特徴|~全国24ボートレース場の攻略法や傾向をまとめてご紹介します~

  •  
全国の各ボートレース場の水面特徴(特性)やクセ、攻略法やポイントを公開します。

関東地区は桐生,戸田,江戸川,平和島,多摩川の5場です。東海地区は浜名湖,蒲郡,常滑,津の4場です。近畿地区は三国,びわこ,住之江,尼崎の4場です。四国地区は鳴門,丸亀の2場です。中国地区は児島,宮島,徳山,下関の4場です。九州地区は若松,芦屋,福岡,唐津,大村の5場です。



桐生ボートレース場の水面特徴


桐生ボートレースの水面特徴について。桐生は群馬県のナイターレース場となります。全国で初のナイターレースを実施したのはこのボートレース桐生です。桐生は助走距離の短いスローよりもダッシュからの選手が主導権を握ることが多いです。4号艇、5号艇、6号艇の1着,2着,3着という結果も望める。ただ、季節により水面状況が大きく変わります。舟券購入の際には要注意です。普段は差し中心の選手でもここでは捲りで攻めることがある。通常はインが有利ですが桐生ではセンター、ダッシュからの捲り攻めに注意。春は特有の赤城下しが吹き、特に1マークの水面が荒れます。強烈な風を考慮した舟券作戦も楽しみましょう。桐生では安定板の装着も自然に増えるイメージがあります。
〒379-2311
群馬県みどり市笠懸町阿左美2887
0277-76-2411


戸田ボートレース場の水面特徴


戸田ボートレースの水面特徴について。戸田は埼玉県のデイレース場です。戸田の競走水面は狭いです。1マークのターンマークの振りも大きくてインが弱い原因の一つです。このようなインコースが弱くスタートで遅れると行き場を失い着外に。戸田では、とにかく、スタートで先手をとった選手が主導権を握ってしまいます。戸田競艇の予想の際には比較的、展開は読みやすいというメリットがあります。ターンマークをあれだけ振っていてもバックストレッチは、まだ狭い戸田水面。戸田では3コースは普通にモンキーターンをするだけで捲ってしまうこともあります。戸田ではそれだけインコースは難しいと言えます。このようにクセのある場では、やはり地元埼玉支部が活躍します。
〒335-0024
埼玉県戸田市戸田公園8-22
048-444-4444


江戸川ボートレース場の水面特徴


江戸川ボートレースの水面特徴について。江戸川は東京都のデイレース場です。ボートレース江戸川は河川を使用している場です。江戸川は基本的にスロー3艇、ダッシュ3艇という進入スタイルが多い。これは潮の流れの影響で枠なり3対3が基本となっています。記念レーサーのA1選手であってもSG常連組であってもボートレース江戸川で実績がない選手は苦戦。舟券作戦の際には思い切って消してもいいかと思います。江戸川は競走水面がよく荒れる場で安定版の装着も非常に多いです。安定版を装着するとインコースが有利になります。江戸川で周回展示の際に注目してほしいのは荒れていても全速ターンをしている選手です。大穴、高配当を提供することが多いです。
〒132-0033
東京都江戸川区東小松川3-1-1
03-3250-3500


平和島ボートレース場の水面特徴


平和島ボートレースの水面特徴について。平和島は東京都のデイレース場です。平和島は穴党には好かれるレース場かと思います。平和島は徹底的に接戦番組、混戦番組を作っています。3連単の軸選手も決めにくいです。よって、高配当が当然のようにでて連続万舟というのも珍しくありません。平和島の番組編成者が小銭が返ってきても嬉しくないだろうと言っていたのが印象的です。折角、購入してくれるわけだから千円札は返せるようにしたいね。とも言っていました。平和島ではバックストレッチの斜行を厳しく規制しているため差しもよく決まります。そして、他の場よりもバックストレッチでは内側の選手が異様に伸びます。平和島では、ダッシュコース、4コース、5コース、6コースの選手で展示タイムが1番目、2番目に早い選手は必ず購入してください。
〒143-0006
東京都大田区平和島1-1-1
03-3768-9200


多摩川ボートレース場の水面特徴


多摩川ボートレースの水面特徴について。多摩川は東京都のデイレース場です。水質は淡水です。モーターは減音です。多摩川チルト角度は-0.5から+3.0までOK。風の影響を受けにくく波が立ちません。多摩川は日本一の静水面です。多摩川は握って回れるスピード最優先の場です。インが弱く、センター勢がまくりで主導権を握るケースが多いです。モーターにパワーがないと差しは届きません。多摩川は日本一の静水面です。多摩川は静水面、技のデパートとさえ呼ばれています。多摩川はとにかく、スピードターンで攻める選手が圧倒的有利になります。印象的には1コースと3コースが有利です。捲りの攻めには要注意です。多摩川では周回展示でスピードを持ってターンする若手選手には要注意です。
〒183-0014
東京都府中市是政4-11
042-369-9211


浜名湖ボートレース場の水面特徴


浜名湖ボートレースの水面特徴について。浜名湖は静岡県のデイレース場です。浜名湖の水質は汽水です。浜名湖のモーターは減音です。チルト角度は-0.5から+3.0までOK。ボートレース浜名湖は干潮差は小さいが風の影響を受けやすい水面です。冬場は浜名湖の特有のホーム追い風が多く、逃げ、差しが多い。夏場は浜名湖の特有ホーム向かい風が多く、まくりが決まりやすい。とにかく広い競走水面です。浜名湖は全場の中で1,2を争う広さ。浜名湖は競走水面が広いためスタート後も各艇ごとの間隔が広いのでまくり差しがしやすい浜名湖とも言えます。浜名湖では6コースからとなると1マークがかなり遠いです。スタートで先手をとっても1マークまでに内艇に追いつかれてしまい捲りが決まりにくい。しかし、浜名湖は捲り差しなら決まりやすい。ボートレース浜名湖は比較的に競走水面が広いため若手の追い上げが目立ちます。B2級、B1級の若手でも思い切ったレースが出来ます。ベテラン選手は広い水面の場合は抜かれる可能性が高いです。
〒431-0398
静岡県湖西市新居町中之郷3727-7
053-594-7111


蒲郡ボートレース場の水面特徴


蒲郡ボートレースの水面特徴について。蒲郡は愛知県のナイターレース場です。蒲郡は水質は汽水です。蒲郡のモーターは減音です。チルト角度は-0.5から+3.0までOK。全国有数の広い水面で特に1マークのバック側は全国一の広さが蒲郡の特徴。蒲郡は年間を通じてナイター開催です。蒲郡は1マークが広く、全速戦が見られます。インが強いがセンターからのまくりも効く。蒲郡は比較的に広い競走水面でスピートターン有利な場です。ボートレース蒲郡7Rでは進入固定レースも行っていて本命配当か高配当とはっきりした配当が多いです。蒲郡の番組は基本的にわかりやすいレースが多いかと思います。A1級選手とB1級選手の3者戦等と初心者の方にはオススメのレース場かと思います。3連単で10倍以下のオッズも多いのが蒲郡の特徴です。ただし、50万を越える超ビック配当も出ます。蒲郡ではA1級3者、B1級3者のレースでも油断は出来ません。蒲郡は、エンジン差も非常に大きい場です。ナイターレースのため昼と夜の気温差で調整、整備が難しい場です。
〒443-8503
愛知県蒲郡市竹谷町太田新田1-1
0533-67-6606


常滑ボートレース場の水面特徴


常滑ボートレースの水面特徴について。常滑は愛知県のデイレース場です。常滑はインコースが強い水面です。一時はインコース1着率が非常に高かったです。G1レースやSGレースの記念レースではスタートが揃うためさらにインコース勝率は跳ね上がります。この常滑も配当にメリハリがあります。常滑は超本命配当と超ビック配当と極端。本命では3連単で280円等もあります。常滑は舟券予想、大勝負するには適した場かもしれません。ただし、水面が荒れたときは要注意です。2マークで4艇クラッシュも珍しくありません。常滑は2マークで逆転が非常に多いです。水面が荒れているときは走り慣れている選手を買っておくことです。
〒479-8501
愛知県常滑市新開町4-111
0569-35-5211


津ボートレース場の水面特徴


津ボートレースの水面特徴について。津は三重県のデイレース場です。ボートレース津は風の影響を非常に受けやすいです。冬は向かい風が強く、ダッシュスタートの攻めが多くなる。津は夏は追い風が強く安定版が付くことも多いです。そして、インコース有利のレースとなってしまいます。津ではインコースが強くイン逃げが決まります。しかし、2コース差しもよく決まります。津はイン水域では1,2コースが有利と言えます。荒れた競走水面では地元津の選手、そして愛知、大阪の選手が有利です。
〒514-0815
三重県津市藤方637
059-224-5105


三国ボートレース場の水面特徴


三国ボートレースの水面特徴について。三国は福井県のデイレース場です。ボートレース三国はインコースが強いレース場です。三国は年間を通じて追い風が強く5号艇5コース、6号艇6コースの捲りは決まらないことが多い。三国は追い風が強い水面では捲りはほぼ決まらない。ボートレース三国は差し、逃げのオンパレードです。三国の風に強い選手は、もちろん地元三国選手。三国では1マーク握ってターンした選手はほぼ流れてしまいます。しかし、地元福井三国の選手が捲りを決めることがあります。角度を持って鋭い捲りを決めることがあります。地元三国の選手が3,4コースにいる場合は要注意です。
〒913-0001
福井県坂井市三国町池上80-1
0776-77-3131


びわこボートレース場の水面特徴


びわこボートレースの水面特徴について。びわこは滋賀県のデイレース場です。びわこはエンジンの力がありません。びわこは標高が高いため、他の海辺の場とくらべるとパワーがありません。インコースに入っても助走距離がなければあっさりと負けます。びわこでは昔から言われていることですが、6着を取る選手は消し。接触による6着と通常のレースで6着では大違いですので要注意。通常レースで6着の場合はかなりエンジンパワーは弱いとも判断出来ます。びわこは1号艇を中心とした大勝負は控えるべきかと思います。よく万舟や高配当が出る場かと思います。びわこでは準優勝戦ではダッシュからスタート決めて攻めてくる選手に要注意です。まくって差してのセオリー舟券も決まりやすいです。
〒520-0023
滋賀県大津市茶が崎1-1
077-522-1122


住之江ボートレース場の水面特徴


住之江ボートレースの水面特徴について。住之江は大阪府のデイレース&ナイターレース場 SG,G1,G2,G3も多く開催。メッカ住之江と言われている。売上は常に1,2を争う競艇場です。1億円バトルの賞金王決定戦競走も毎年のように実施されています。大阪支部はとにかく層が厚い。SG級レーサーが多く、全国でもトップレベルの選手がいる。松井繁、田中信一郎、太田和美、湯川浩司、丸岡正典、石野貴之等、SG常連組みが多数。若手も多く育ってきていてこれからも注目の選手が多い。水面がとにかく硬く、ほとんどの選手が乗りにくいといいます。住之江競艇の予想をする際に新聞コメントで「乗りやすい」といっている選手がいれば迷わず買いです。インコースは言うまでもなく、強い水面。記念レース、G1、SGレースではイン逃げの嵐です。2コース差しは24場の中でも、最も難しいとも言われています。地元選手でも2コース差しは滑ってしまう、引き波にはまる等して着外に。住之江競艇では2コース差しの勝負は控えましょう。競走水面は、ピットから2マークまで120mあり、ピット離れでインを獲れる距離です。コース幅は51mと狭い方ですが、2マーク、 センターポール、1マークがほぼ一直線上に並んでいるので、インからスタートをする選手は、アウトから圧迫される感じはなく逃げやすい水面。ナイターレースはモーターのパワーが上がります。気温が上がるデイレースは、アウトまくりが決まって高配当が飛び出すこともあります。
〒559-0023
大阪府大阪市住之江区泉1-1-71
06-6685-5112


尼崎ボートレース場の水面特徴


尼崎ボートレースの水面特徴について。尼崎は兵庫県のデイレース場です。尼崎は全国で唯一1マークを振っていない水面であり、ホーム向かい風が多い場です。1マークは握って回りやすく、バックストレッジではよく伸びます。以前はセンターからのまくりがよく決まり、コースのハンデが少なかったが、近年尼崎はインコース有利の傾向。尼崎水面の特徴として水質は淡水です。尼崎はセンター攻めが効く場の一つです。しかし、近況はインコースも強い。尼崎は攻める選手が多いのでマーク差しも非常に多いです。セオリーにある、捲って差してが有効です。ボートレース尼崎では最近12Rが非常に接戦番組が組まれています。逆に尼崎の隠れ本命レースは9Rと見ています。9Rでは比較的、A級とB級の差が大きかったり、エンジン、脚のしっかりした選手が多い。ボートレース尼崎で勝負するなら9Rがベストかと思います。
〒660-0082
兵庫県尼崎市水明町199-1
06-6419-3181


鳴門ボートレース場の水面特徴


鳴門ボートレースの水面特徴について。鳴門は徳島県のデイレース場はです。鳴門は競争水面は狭く、ダッシュからの攻めが有効です。ダッシュからの4号艇、5号艇、6号艇で展示タイムがいい選手は要注意です。鳴門は展示タイムにエンジンの力が出やすいです。鳴門は6コースからの捲りも珍しくありません。スタートが早く、捲り屋がいて展示タイムがいい場合は要注意。かなりの確率で攻めが決まります。もちろん、セオリー捲って差しての舟券を忘れずに。ただし、鳴門は追い風の場合はアウトは厳しいです。鳴門は全国で1,2を争うほどの高配当場です。万舟出現率はトップレベルです。穴を狙うには絶対適した鳴門と言えます。
〒772-8510
徳島県鳴門市撫養町大桑島字濘岩浜48
088-685-8111


丸亀ボートレース場の水面特徴


丸亀ボートレースの水面特徴について。丸亀は香川県のナイターレース場です。丸亀はイン主体になりやすい競艇場の一つです。丸亀は住之江と類似している点が多く、大阪支部と香川支部の選手は共に有利かと思います。丸亀は地元香川の若手選手が大活躍することが多いです。これは番組が勝たせるようになっています。丸亀地元の若手には要注意です。そして、香川の若手はいい選手が多いので是非追って下さい。丸亀では1R、5R、8Rに企画レースがあります。丸亀企画レースはどれも1号艇が主体になるレースが多いです。丸亀では大本命の場合は3連単200円代の結果になることもあります。
〒763-0011
香川県丸亀市富士見町4-1-1
0877-23-5141


児島ボートレース場の水面特徴


児島ボートレースの水面特徴について。児島は岡山県のデイレース開催のボートレース場です。児島は昔から競艇王国とさえ呼ばれていました。多くのSG記念レーサーが出ています。近況の児島支部は少し衰退している印象です。児島はどこからでも買えるようなクセのない場です。児島の作戦としては6コースの捲りは厳しいということも特徴の一つ。5コースに関しても言えます。児島ではインコース有利の場のため捲られても2,3着に残ってくることも多いです。児島は追い風のときはさらにインコース水域が有利となります。接戦番組が多く、絞って勝負するには厳しい場です。
〒711-8567
岡山県倉敷市児島元浜町6-3
086-472-5050


宮島ボートレース場の水面特徴


宮島ボートレースの水面特徴について。宮島は広島県のデイレース場です。ボートレース宮島はあまり良くも悪くも特徴のない場かと思います。宮島はインコースも弱くなく、アウトも効きます。宮島は4コースダッシュの捲り攻め、そしてマーク差しが決まりやすいです。ボートレース宮島の地元市川哲也に憧れて選手になったという選手が非常に多い。宮島の選手は昔の常に1着を狙う姿勢が魅力です。プロペラ制度が変わってから活躍の場を失っている気がします。
〒739-0411
広島県廿日市市宮島口1-15-60
0829-56-1122


徳山ボートレース場の水面特徴


徳山ボートレースの水面特徴について。徳山は山口県のデイレース場です。徳山はインコースが弱く、センター勢の攻めが有効。徳山の満潮時はイン有利となります。センターコースが攻めるため5,6コースの出番も多くあります。徳山は展示タイムがいいときは特に要注意です。徳山はあまり風の影響を受けないレース場です。徳山は企画番組が多いですが、インが弱いので要注意です。
〒745-0802
山口県周南市大字栗屋1033
0834-25-0540


下関ボートレース場の水面特徴


下関ボートレースの水面特徴について。下関は山口県のナイターレース場です。ボートレース下関では広い水面でスピードターンが有利です。下関はあまり風の影響を受けないのも特徴の一つ。下関は3コースの捲りに要注意です。3コース勝率も高く、攻めるには絶好のポジション、コースです。下関は他のボートレース場より3コースには注意してください。
〒752-8511
山口県下関市長府松小田東町1-1
083-246-1161


若松ボートレース場の水面特徴


若松ボートレースの水面特徴について。若松は福岡県のナイターレース場です。水質は海水です。モーターは減音です。チルト角度は-0.5から+3.0までOK。満潮時には若松特有の追い風が吹くと2マークにうねりが出やすいです。若松は年間通じてナイター開催です。以前は全国でも有数のイン水面の強さを誇りました。現在はセンターまくりも効く水面です。比較的、穴目が多いかと思います。特有の追い風が吹いたときは差し1本で狙うべき場。若松は2コース差しが効きやすい場とも言えます。このことは若松競艇で予想する上で忘れないように。また、アウトコースからでもマクリ差しがよく決まります。1R、5R、8Rで企画レースがあります。カドにいる選手の攻めによる大穴に注意してください。若松の5Rの固定レースでは1,2コースの一騎打ちレースが多いのも特徴です。2コース差しもよく決まっています。
〒808-0075
福岡県北九州市若松区赤岩町13-1
093-791-3400


芦屋ボートレース場の水面特徴


芦屋ボートレースの水面特徴について。芦屋は福岡県のデイレース場です。ボートレース芦屋で注意したいので向い風の4コースダッシュの攻めです。芦屋では準優勝戦、優勝戦で向い風で4コースに攻める選手がいる場合は穴を狙う価値あり。芦屋の4コースカド戦は異様に伸びます。そうなると5,6号艇の差しにも芦屋では要注意です。もう一つ注意したいのは芦屋2コースの残り。芦屋では2コース小差しが効く。基本的に芦屋1コースの勝率は高いです。芦屋で1日で1R~12Rまで全てイン逃げという日もありました。芦屋は企画レースが非常に多いのでそれも理由かもしれません。
〒807-0133
福岡県遠賀郡芦屋町大字芦屋3540
093-223-0581


福岡ボートレース場の水面特徴


福岡ボートレースの水面特徴について。福岡は福岡県のデイレース場です。ボートレース福岡はクセの多い場です。福岡はダッシュの助走距離があまりとれません。よって、スローとダッシュの差が出にくい場です。福岡の展示タイムの計測は非常に正確です。福岡は他の場とは違い、展示タイムでエンジンの善し悪しも判断出来ます。計測位置、方法が違いますので中間速がタイムに出ます。福岡の展示タイムのいい選手には注意してください。ボートレース福岡では乗りやすい、スタートしやすいというコメントにも要注意です。
〒810-0071
福岡県福岡市中央区那の津1-7-5
092-771-6061


唐津ボートレース場の水面特徴


唐津ボートレースの水面特徴について。唐津は佐賀県のデイレース場です。ボートレース唐津では静水面でスピード勝負です。ただし、ホーム追い風が強くイン有利となります。唐津は追い風が強い場合は捲りが全く効きません。インコース1号艇、2コース2号艇があっさり、押し切ります。唐津で追い風が強い場合はベテランの小差しに要注意です。地元唐津の選手は前ずけ選手が多いのも特徴です。
〒847-0031
佐賀県唐津市原1116
0955-77-1311


大村ボートレース場の水面特徴


大村ボートレースの水面特徴について。大村は長崎県のデイレース場です。大村のインコースが強いのは言うまでもありません。ボートレース大村は企画レースが多く、イン逃げが多いです。ただし、アウトから攻めてインが反発するということがあります。この場合は大ぜりとなるので超高配当が飛び出すことが多いです。大村は本命と高配当の差がかなり大きいです。2番目の大きな特性として大村の2マークでは捲ると流れます。大村の2マークは圧倒的に差し有利という特徴,特性があります。大村は走り慣れた選手や差しがうまい選手の場合は逆転も期待できます。
〒856-0834
長崎県大村市玖島1-15-1
0957-54-4111

出走表(番組表)の見方~初心者のためのボートレース用語解説します~

  •  
出走表(番組表)の見方,仕方,初心者

ボートレース予想の基本として出走表を使います。

当サイト独自の競艇予想方法については後半におつたえします。

ボートレース予想の方法は様々ですが基本中の基本として出走表の見方を紹介します。

ボートレースの出走表には以下の情報が書かれています。

「枠番」とは1号艇、2号艇、3号艇、4号艇、5号艇、6号艇。

選手登録番号はレーサー登録順に割り当てられたレーサーの番号。

4桁で表され数字が大きくなるほどレーサー歴が短い。

「選手名」とは、その名の通り選手のフルネームです。

出走表(番組表)の見方で重要なのは級別です。

初心者の方は特に覚えておくべきです。

「級別」とは6ヶ月間の成績(勝率、複勝率、事故率、出場回数)に応じて、

上からA1級、A2級、B1級、B2級の4つのランクに分けられます。

各級の選手の比率 は、全選手に対して

A1級=20%、A2級=20%、B1級=50%、B2級=それ以外の選手となります。

ランクが上に行くほど出走日数や格の高いレースへの出場チャンスが増えます。

「支部」とは各選手が所属する地域を表示しています。

「F」とはフライング数を表示します。

出走表(番組表)の見方としてフライングルールについては難しいかと思います。

初心者の方はレースや動画を見て学んでください。

ボートレースのスタートでは、大時計の針が0秒から1秒を指す間に

スタートラインを通過しなければなりません。

針が0秒を指す前にラインを通過してしまうのがフライング(F)です。

フライングした艇に関する舟券は、全額返還されます。

「L」とは出遅れ数を表示します。

ボートレースのスタートでは、大時計の針が0秒から1秒を指す間に

スタートラインを通過しなければならない。

1秒を過ぎてラインを通過してしまった場合は出遅れとなり、

フライング同様にその艇の舟券は同じく全額返還される。

「平均ST(スタート)」とはスタートタイミングの平均値です。

数値が低いほどスタートタイミングが速いということを意味します。

0.17以内ならかなり優秀といえますが、SG常連のトップ選手には0.15を切るレーサーも多いです。

ボートレースではスタートが早ければ早いほど有利となります。

近況で一番早いトップクラスの平均スタートは.09辺りでしょうか。

「全国勝率」とは着順点の合計を出走回数で割ったものです。

一般競走の着順点は1着が10点、2着が8点、以下6、4、2、1点です。

勝率の数字は大きいほど成績の良い選手となります。

SG競走は各2点増し、G?、G?競走は各1点増し、各優勝戦はさらに1点増しとなります。

「2連対率」とは2着以内に入着する確率を表します。

選手、モーター、ボート、それぞれに2連対率があります。

基本的に50%を超える場合はトップレベルです。

「当地勝率」とはそのボートレース場での勝率となります。

全国勝率は全国24場での勝率となります。

当地勝率が全国勝率を大きく上回っている場合はその場が得意ともとれます。

「モーター」とは各ボートレース場のモーターに付けられる番号です。

選手と同様に、この番号によってモーターの特徴が出走表に記載されています。

モーター2連対率が40%を超えると上位級のいいエンジンと言えます。

(出走数が少ない場合は信頼度は下がります。)

「ボート」も同様になります。

共に各ボートレース場より1節間レンタルとなります。

「R」とはレース番号です。

例えばR1 進1、ST09、着1と表示があれば以下の通りです。

1レースで進入1コースでスタートタイミング.09で着順は1着ということです。

ボートレース結果は前走の結果となります。

「早見」とは出走表に記載されているデータであり、

1日2回レースに出るレーサーの前回または次回のレース番号を表します。

1回走りの場合は表示なしとなります。

以上が主な出走表の基本です。

出走表を使ったボートレース予想では勝率と2連対率、級別の3つがベースです。

トップクラスの勝率は6点〜7点台です。

2連対率は50%超え。

級別はA1レーサーとなります。

初心者の方は上記の条件を満たした選手を中心に競艇予想して買うことが多いです。

基本的に舟券を買う方はA1選手だからとか、インが強いから、

SGクラスの選手だからなど選手名で買う方が非常に多いです。

本当にそれだけの理由で稼げるのか、信頼できるのか。

当サイトではそれを全面否定します。

ボートレースの勝ち方には根拠があります。

当サイトの独自のボートレース予想方法は会員様にお伝えします。

会員様には毎日の予想、買い目も、もちろん公開します。

「勝てるボートレース予想」「勝つために必要な競艇ノウハウ」を全て教えます。

ボートレース予想ブログでは競艇予想を公開するだけでなく、

全国24場の開催日程やライブ中継、水面特徴、舟券ポイントも公開しています。

開催日程については本日の開催スケジュールと月間スケジュールの2種類公開。

出走表、番組表についても毎日情報をご提供します。

モーター情報、モーター評価、モーター特性についての情報も設置。

各支部の斡旋情報も更新します。

ボートレース舟券購入に必要とするコンテンツを今後も増やしていく予定です。

初心者の方にも競艇の全てを教えます。

本命から大穴の方法、

買っていいレース、買ってはいけないレース、

勝てるレースと勝てないレース、

ファンのためのレースと選手のためのレースなど、

勝つために必要な情報を多数ご用意しております。

ボートレース予想方法として、まずは軸の決め方があります。

軸を決める要素として、A1、A2、B1、B2の級別を信頼して軸を決める方法や、SG,G1クラスのA1選手を信頼、

インコースの強い選手を信頼、等々、多くの情報があります。

ボートレース予想サイトでは、これらの情報、方法は推奨しません。

いつも言っていることですが、競艇は脚が全てです。

どんなに強い選手でも脚、エンジンに最低限の力がないと簡単に負けてしまいます。

逆にB1選手のエンジン、脚がいい場合はスタートして一気にA1選手をのみ込んでしまいます。

基本的にオッズは勝率通りに人気となります。

従って、B1がA1を破ると高配当が自然に出ます。

何度でもいいます。

ボートレース予想をする際に絶対に必要な情報はエンジン、脚の善し悪しです。

その後に級別であったり、スタートであったり、名前の要素を必要とします。

ボートレース予想会員様には脚が全てマニュアルをご提供します。

また、ボートレースの3連単は120通りではありません。

この情報も会員様に無料提供しております。

3連単は最低でも42通り内には的中舟券が存在します。

この方法は全ボートレースレースの85%以上のレースに対応しています。

ボートレース予想をする際に120通りから買っていると無駄な舟券を買うことになります。

競馬や競輪と違って競艇はしっかりとした根拠があります。

42通りの中から脚のいい選手、インコースの強い選手を中心に買えば的中率も飛躍的にUPします。

もちろん、42通りからもっと簡潔に絞り込めます。

よって、当競艇予想サイトでは3連単2点で6レース以内に的中をさせている実績があります。

2連単1点、3連単4点、2連単2点の買い目もこちらで絞って配信しています。

ボートレース予想会員様はそれを買うだけとなります。

さらに、勝つために購入方法や投資方法も無料提供します。

1、A1など級別だけで買わない

2、コース勝率だけで買わない

3、120通りなどから買わない

4、根拠なく消し選手や軸選手を決めない

何度でもいいます。

ボートレース予想は脚が一番重要です。

SG、G1などボートレース予想を無料でUPしています


ボートレースの基本,基礎|~初心者の方に競艇のルールを教えます~

  •  
ボートレースの基本,基礎

(基本その1)~基本的に当たる確率が他ギャンブルより高い~

6艇で競われる競技です。

これは公営競技のなかでは最も少ない出走数です。

基本として確率の問題。

そのため着順を的中する確率も、公営競技のなかでは最も高い。

単勝=1/6、複勝=1/3、2連複=1/15、2連単=1/30、

3連複=1/20、3連単=1/120、拡連複=3/15

(基本その2)~基本6人で色分けされる~

基本は以下の通り6色に分けられます。

1号艇=白、2号艇=黒、3号艇=赤、4号艇=青、5号艇=黄、6号艇=緑

(基本その3)~基本的にインコースが有利~

スタートラインを通過後、第1ターンマークと第2ターンマークを順番に旋回し

1周600mのレースコースを3周(1,800m)して、入着順位を決める競技です。

(基本その4)~スタートタイミングの基本は.15~

スタートは、陸上競技のように「よーいドン」というスタートとは違い、

決められた時間内にスタートラインを通過する「フライングスタート方式」が採用されている。

フライングスタート方式では、基本的にスタートラインを他艇より早く通過すれば有利になるが、

大時計が0秒を示す前に通過すると「フライング(F)」、1秒以上遅れて通過すると「出遅れ(L)」となり欠場となる。

 欠場艇に関する舟券は全て払戻し(返還)される。

(基本その5)~基本、周回展示が行われるが例外もあり~

本番レースの直前に、レースに出走する各レーサーが、

予想の参考やボートやモーターの調子をお客様に見てもらうために、コース取りとスタートの練習を行 い、

全速力でレースコースを2周する。

これが展示航走である。展示航走には、スタート展示と周回展示と呼ばれる2種類の展示がある。

スタート展示とは、次のレースに出場するレーサーたちが本番のレースを想定したコース取りとスタートを行うことである。

艇番と進入コースが異なることも少なくないため、基本として予想には欠かせない直前情報になる。

展示航走ではスタート展示で全艇がスタートを切った後、「周回展示」に入っていく。

周回展示とは、主に旋回の調子や直線の走りを本番レース前にお客様に見 せる展示のことで、

競馬でいえば「パドック」のようなものである。

周回展示に参加しなかった艇は本番レースにも出走できないため、

レースに出場するレー サーは基本、必ず2周(荒天候時は1周もある)の周回展示をすることが義務付けられている。

(基本その6)~基本は枠なり進入が多い~

レースに出場する6艇が、ファンファーレとともに待機している「ピット」から一斉に飛び出していく。

これがピットアウトである。

(基本その7)~基本、あまりにも無理に入る選手がいるとアウトが勝つ~

その後、自分が得 意なスタートコース、あるいは勝てそうなスタートコースを狙って駆け引きが行われる待機行動に移る。

モーターは止めることが禁止されているため、

有利とい われているインコースに無理に入ろうとすると艇が進み続けて助走距離が短くなるため、

逆に不利になってしまうことがある。

(基本その8)

スタートコースが確定す ると、全艇はスタートラインへ助走を始め、

規定のスタート時間内にスタートラインを通過することでレースが始まる。

大時計の針が12時 から1時の間でスタートしなくてはならず、

0.01秒でも早いとフライング(F)、1秒以上遅れると出遅れ(L)となり欠場とされる。

(基本その9)

ボートレースの醍醐味の一つは、スタート後の1周第1ターンマークの攻防である。

他艇より早く旋回して「イン逃げ」を企てる艇、また、アウトコースから全 速の「まくり」を狙ってくる艇、

さらには、先行艇の内側を鋭く突き抜けようと「差し」を仕掛ける艇など、

全艇が得意技を駆使して誰よりも先に1周第1ター ンマークを回ろうとするのである。

なぜなら、第1ターンマークの攻防はレースの勝敗を決する最も重要なポイントになるためだ。

(基本その10)

ボートレースの場合、どうしても後ろを走っている艇は、基本、先行艇の引き波の影響を受けてしまうため不利になってくる。

しかし、1周第2ターンマーク以降も熾烈な2、3着争いや、時には1着の逆転も見られ、

最後まで気の抜けない勝負が繰り広げられている。

(基本その11)基本は6日間開催が多い

最大7日間(通常4-6日間)、連続でレースが開催されており、その期間全体のことを節という。

1節は、予選から始まり、予選を勝ち進んだレーサー達による準優勝戦、

そして優勝戦が最終日に開催されるというのが、基本の流れである。

以上、オフィシャルより一部抜粋。



ボートレース予想の買い目を無料で公開

» ボートレース情報の続きを読む

Copyright © ≪ボートレース予想|90%鉄板≫ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます