ボートレース2018年1月1日~5月31日までの2連対率トップ10データです。
このデータは全レースの一般戦、SG、G1などトータルのデータです。

    • 1位は田頭実の75.3%

    • 2位は深谷知博の74.0%

    • 3位は瓜生正義の73.7%

    • 4位は峰竜太の70.0%

    • 5位は久田敏之の69.2%

    • 6位は磯部誠の66.4%

    • 7位は前本泰和の65.5%

    • 8位は松本晶恵の65.4%

    • 9位は秋元哲の65.2%

    • 10位は寺田千恵の64.4%


2連対率では、さすがに一般戦が主戦場の選手が多くランクインしています。
ただ、4位の峰選手はSG、G1が主戦場にも関わらずランクイン。さすがの成績です。
松本晶恵、寺田千恵選手と女子選手もトップ10入り。女子戦の中では信頼できるかと思います。
磯部誠と秋元哲は今後も注目しておいてください。2018年は絶好調といっていいでしょう。
関連記事
タグ