ボートレース2018年1月1日~5月31日までの平均スタート順位のトップ10データです。
平均STよりも平均ST順位が重要となります。
このデータは全レースの一般戦、SG、G1などトータルのデータです。

    • 1位は今坂晃広の1.97

    • 1位は野中一平の1.97

    • 3位は山田哲也の2.00

    • 4位は椎名豊の2.04

    • 5位は瀬尾達也の2.05

    • 6位は室田泰史の2.07

    • 7位は田頭実の2.13

    • 7位は高橋英之の2.13

    • 9位は滝沢芳行の2.16

    • 10位は中辻博訓の2.19

    • 10位は星栄爾の2.19



多くの方は平均スタートタイミングを見ていますが、平均スタート順位を重要視してください。
平均スタート順位が1,97の場合、ほぼトップスタートを切ってくるといっても過言ではありません。
トップスタートということは主導権を握りやすいということになります。
スタート順位が早い選手が伸びのあるモーターを手にすると一気に捲ってしまいます。
スタートが早いからといって捲りだけではありません。
全速スタートが重要となります。
スタートが早いことにより内にプレッシャーをかけて自分は差すということもできます。
スタートタイミングではなく、スタート順位を見て予想することを推奨します。
関連記事
カテゴリ
タグ