ボートレース2018年1月1日~5月31日までの1着回数のトップ10データです。
このデータは全レースの一般戦、SG、G1などトータルのデータです。

    • 1位は赤岩善生の61回

    • 2位は深谷知博の55回

    • 3位は磯部誠の55回

    • 4位は中野次郎の54回

    • 5位は徳増秀樹の53回

    • 6位は田頭実の52回

    • 7位は秋山直之の51回

    • 8位は金子龍介の50回

    • 8位は柳沢一の50回

    • 10位は太田和美の49回



現時点では赤岩選手が1位で61勝しています。
今年の注目やはり磯部選手でしょう。
2017年までもA級で期待されていた選手ではありますが、ここにきて急上昇。
今年注目の選手の一人です。
深谷選手は記念レースでの成績を多く残したいところです。
秋山選手はスタートが早くはありませんが、これだけ1着をあげています。
ボートレースはスタートだけではないということを証明しているかと思います。

関連記事
カテゴリ
タグ