2022年9月19日は「キリンカップ2022(3日目)」のびわこ競艇予想を公開します。

1号艇が弱く、モーター差がわかりやすい。

捲りや差しなどあらゆる決まり手が多く決まっています。

2コースの1着率は全国1位で注意が必要です。

びわこ競艇予想に役立つ特徴やポイントもご紹介します。

びわこ競艇予想|「キリンカップ2022」


以下全ての買い目は完全無料レベルの情報です。

レースライブ中継はこちら

今日9月19日のびわこの競艇予想は3レースです。

10Rの予想
1 大澤風葵
2 乃村康友
3 西山貴浩
4 星 栄爾
5 谷 勝幸
6 角浜 修
3連単の軸⇒3号艇の西山貴浩
対抗相手⇒1,2,4
抜け&穴目⇒1=4,2=4
3着まで⇒(5注意),6

11Rの予想
1 中野次郎
2 佐藤謙史朗
3 船岡洋一郎
4 松本純平
5 守田俊介
6 金子 萌
3連単の軸⇒1号艇の中野次郎
対抗相手⇒3,4,5
抜け&穴目⇒3=4,4=5
3着まで⇒(2注意),6

12Rの予想
1 黒崎竜也
2 稲田浩二
3 笠置博之
4 川上聡介
5 荒井翔伍
6 南 佑典
3連単の軸⇒1号艇の黒崎竜也
対抗相手⇒2,3,5
抜け&穴目⇒2=3,2=5
3着まで⇒4,6



びわこ競艇予想に役立つ水面特徴やポイント


競艇の予想に役立つ水面特徴、攻略,傾向について公開します。

2020年10月26日の開催より、1Mのターンマークの位置が変更されます。

1Mのターンマークの位置が対岸側へ3M移動することになりました。

恐らく今までのびわことは違い、1コースなどイン水域が以前より強くなる可能が大。

今後、どう変化していくのかデータを取り以下に公開していきます。

↓以下は以前までの特徴↓

一番の特徴はインコースが弱く、モーターの差が大きい場と言えます。

捲り、差し、捲り差しすべて効きやすいボートレース場です。

びわこ競艇の名物といえば中間整備です。

モーターの中間整備が入るとワースト級のモーターがエース級へと変化します。

これは特に注意してほしいポイントです。

もう一つの特徴は2コース1着率が全国1位という数字です。

捲りも差しも効くため2コースの自然捲りも多くあります。

びわこ競艇は滋賀県のデイレース場(〒520-0023滋賀県大津市茶が崎1-1 )

エンジンの力がありません。

標高が高いため、他の海辺の場とくらべるとモーターにはパワーがありません。

インコースに入っても助走距離がなければあっさりと負けます。

昔から言われていることですが、6着を取る選手は消し。

接触による6着と通常のレースで6着では大違いですので要注意。

通常レースで6着の場合はかなりエンジンパワーは弱いとも判断出来ます。

よって1号艇を中心とした大勝負は控えるべきかと思います。

よく万舟や高配当が出る場かと思います。

準優勝戦ではダッシュからスタート決めて攻めてくる選手に要注意です。

まくって差してのセオリー舟券も決まりやすいです。

データ1着率2連率3連率
1コース46.264.876.1
2コース17.842.158.2
3コース15.534.554.0
4コース12.931.952.0
5コース6.217.835.7
6コース2.09.925.3




「びわこ幕開け戦」など企画レースの予想について


企画レースは3つあります。(2021年5月頃から企画番組は休止中)

1Rの「びわこ幕開け戦」は1号艇にA級の選手、他はB級選手となります。

5Rは「ゴゴイチびわこ」で1号艇に主力選手で2号艇にA級選手、他はB級選手となります。

最後に、6Rは「スゴ6!びわこ」で1号艇に基本A2級選手、4号艇にA1級選手、他はB級選手です。

1号艇の1着率は1Rの「幕開け戦」が77%となっていて一番高くなっています。

「ゴゴイチ」は64%程度、「スゴ6!」は56%程度になっています。

企画レース予想の際に参考にして頂ければと思います。
関連記事
カテゴリ↓
タグ