2021年5月6日の尼崎の競艇予想は「第53回報知金杯争奪六甲賞競走(最終日は優勝戦)」を公開します。

近況の尼崎はインも比較的しっかりしていて差しも捲りも決まる場で平均的です。

ただ枠別で見ると2コースの1着率は高めになっています。

尼崎競艇予想|第53回報知金杯争奪六甲賞競走


以下全ての買い目は完全無料レベルの情報です。

今日5月6日の尼崎の競艇予想は3レースです。

尼崎7Rの予想
1 向所浩二選手
2 白石浩二選手
3 森 智也選手
4 松本真吾選手
5 冨好祐真選手
6 金田幸子選手
3連単の軸⇒1号艇の向所浩二
対抗相手⇒3,4,6
抜け目穴目⇒3=6
3着まで⇒2,5

尼崎10Rの予想
1 和田兼輔選手
2 平高奈菜選手
3 片岡秀樹選手
4 和田拓也選手
5 松下直也選手
6 西岡成美選手
3連単の軸⇒1号艇の和田兼輔
対抗相手⇒2,3,4
抜け目穴目⇒2=4
3着まで⇒(5注意),6

尼崎12Rの優勝戦予想(TOPの記事一覧の下に公開)
1 稲田浩二選手
2 高野哲史選手
3 加藤翔馬選手
4 金子龍介選手
5 吉川元浩選手
6 吉田俊彦選手
12Rの買い目はトップページの記事一覧の下へ



尼崎競艇予想に役立つ近況のコース別データと水面特徴


尼崎1着率2連率3連率
1コース55.672.481.4
2コース15.140.357.0
3コース11.633.052.0
4コース10.529.952.0
5コース5.817.336.7
6コース1.67.621.9


尼崎の特性は昔と違いインコースが強い場となっています。

ただ現在もセンターコースの攻めも効くことが多いです。

また意外にも差しも多く決まっています。

コースデータでも尼崎では2コース1着率が高くなっています。

イン水域が強い理由としては1Mのターンマークを内側に振っていないということが影響しているかと思います。

尼崎の水面特徴、攻略,傾向について公開します。

尼崎は全国で唯一1マークを振っていない水面であり、ホーム向かい風が多い場です。

1マークは握って回りやすく、バックストレッジではよく伸びます。

以前はセンターからのまくりがよく決まり、コースのハンデが少なかったが、近年の尼崎はインコース有利の傾向。

尼崎競艇場は兵庫県のデイレース場です。(〒660-0082兵庫県尼崎市水明町199-1 )

水質は淡水です。

センター攻めが効く場の一つです。

しかし、近況はインコースも強い。

攻める選手が多いのでマーク差しも非常に多いです。

セオリーにある、捲って差してが有効です。

ボートレース尼崎では最近12Rが非常に接戦番組が組まれています。(一般戦)

逆に隠れ本命レースは尼崎9Rと見ています。(一般戦)

9Rでは比較的、A級とB級の差が大きかったり、エンジン、脚のしっかりした選手が多い。

勝負するなら尼崎9R(一般戦)がベストかと思います。




関連記事
カテゴリ↓
タグ