今日6月19日の鳴門競艇予想は第11回鳴門商工会議所会頭杯競走の無料鉄板買い目をブログにて公開します。

鳴門競艇予想(6月19日)|第11回鳴門商工会議所会頭杯競走


以下全ての買い目は完全無料レベルの情報です。

今日6月19日の鳴門競艇予想は3レースです。

鳴門1R
3連単の軸⇒1号艇の葛原大陽
対抗相手⇒2,3,5
抜け目穴目⇒2=3
3着まで⇒4,6

鳴門5R
3連単の軸⇒3号艇の赤坂俊輔
対抗相手⇒1,2,4
抜け目穴目⇒1=2
3着まで⇒5,6

鳴門8R
3連単の軸⇒4号艇の秋山広一
対抗相手⇒1,2,3
抜け目穴目⇒1=2
3着まで⇒5,6

他の今日の競艇の予想はトップページへ。



鳴門競艇予想に役立つコース別データと水面特徴


鳴門は全国1,2を争うほどの万舟券、高配当が多い場でしたが工事が入ってから以前ほどではなくなりました。

水面的にはインはそこまで強くなく、アウト5,6コースからでも勝負出来る場でもあります。

鳴門競艇場の一番の特徴は3コースの1着率が全国1位!2コースも高い数字を残しています。

全国3位の捲り水面となっています。差しも捲り差しも平均よりも高いデータとなっています。

鳴門の一番の特徴は捲り水面であるということです。

ただ風には注意する必要があります。

差しや捲り差しも比較的、平均超えのため鳴門ではイン重視の舟券は危険が高いレース場です。

鳴門は徳島県のデイ&モーニングレース場(〒772-8510徳島県鳴門市撫養町大桑島字濘岩浜48 )

競争水面は狭く、ダッシュからの攻めが有効です。

ダッシュからの4号艇、5号艇、6号艇で展示タイムがいい選手は要注意です。

鳴門は展示タイムにエンジンの力が出やすいです。

6コースからの捲りも珍しくありません。

スタートが早く、捲り屋がいて展示タイムがいい場合は要注意。

かなりの確率で攻めが決まります。

もちろん、セオリーの捲って差しての舟券を忘れずに。

ただし、鳴門では追い風の場合はアウトは厳しいです。

鳴門は全国で1,2を争うほどの高配当場でした。

以前は万舟出現率はトップレベルでしたが近況は少し落ち着いた模様。

鳴門1着率2連率3連率
1コース47.665.076.4
2コース16.838.756.6
3コース15.735.853.8
4コース11.331.451.0
5コース6.720.338.4
6コース2.39.424.8




関連記事
カテゴリ
タグ