津水面特徴、攻略,傾向について。

津は1コースが強い場です。1着率も57%ほどあります。

捲りは効かず、捲り差しも決まりにくい場です。

イン逃げと差しが多いのが大きな特徴。

1コースも2コースも1着率は共に全国平均を超えている数字です。

風の影響も受けやすく、2-1という出目も比較的多いボートレース場です。

決まり手で差しは15%あります。

これは全国4位辺りというデータです。

逆に捲りは11%で全国では20番目という結果に。

明らかに差しと逃げの水面ということです。

特に基本の2コース差しが狙い目となっています。

三重県のボートレース場です。(〒514-0815三重県津市藤方637 )

風の影響を非常に受けやすいです。

冬は津特有の向かい風が強く、ダッシュスタートの攻めが多くなる。

夏は津特有の追い風が強く安定版が付くことも多いです。

そして、インコース有利のレースとなってしまいます。

インコースが強くイン逃げが決まります。

しかし、2コース差しもよく決まります。

ボートレース津では1,2コースが有利と言えます。

荒れた競走水面では地元の選手、そして愛知、大阪の選手が得意です。

水面の特徴は風の影響を受けやすく、インコース有利のボートレース場です。

安定板が付くことも多く差しもよく決まります。

1着率2連率3連率
1コース57.874.682.5
2コース14.742.560.6
3コース11.632.354.8
4コース9.927.350.7
5コース4.617.834.0
6コース2.16.819.3