本日2020年5月11日は読売新聞社杯G1芦屋の全日本王座決定戦開設68周年記念の競艇予想を行います。ボートレース芦屋の初日から最終日優勝戦まで注目です。

競艇予想(5月11日)|芦屋のG1全日本王座決定戦


今節のG1芦屋のドリーム戦メンバーは次の通りです。

1号艇から瓜生正義、辻栄蔵、石野貴之、菊地孝平、馬場貴也、大山千広となります。

瓜生は今年、8優出2優勝で勝率も7点後半で好調キープしています。

G1レースでも勝率8点近い状況で今節も優勝候補の一人です。

イン戦では21回出走中、18勝を挙げていて2連対率は95%超えです。

近況は2コース差しも安定している印象があります。

さらにセンターコースからの捲り、捲り差しも目立ちます。

5コースまでであれば1着狙いも十分狙えます。

ただ、瓜生が引いたモーターは少し厳しい素性のモーターです。

瓜生が乗って、いかに早く中堅以上に持っていけるかどうかに注目です。

辻栄蔵は近況少し成績ダウンしているかと思います。

ただ、テクニックはトップクラスなため2,3着争いでは注意です。

差し、捲り差しが主体の選手ですね。

辻のモーターは中堅はあるかと思います。

そして、昨年のSGグランプリ覇者の石野貴之は今年既に若松のG1ダイヤモンドカップで優勝しています。

1コースのイン戦は相変わらず信頼できる成績です。

2,3コースの時も3連単の軸には出来るかと思います。

近況は捲り、捲り差しが多く決まっています。

石野のモーターは芦屋の前節のスポーツ報知杯では6コースのスペシャリスト小川晃司が使用。

その小川は気配が良かったため今節の石野も期待出来ます。

菊地孝平は近況ペースダウン。

とは言っても今年は多摩川のウェイキーカップを2コースから捲って優勝。

今回のモーターは中堅レベル。

3節前の芦屋で阿波勝哉が使用したときは気配〇でした。

その後はB級クラスの勝率下位選手が使用しています。

次に馬場貴也もペースダウンいています。

モーターも中堅ないレベルです。

大山千広は女子戦ではありますがヴィーナスシリーズ2戦、3戦と2節連続優勝中。

相変わらずスタートは早く捲りも多く決めています。

ただ、今節はモーターが厳しいかもしれません。

ドリーム組の中では石野のモーター素性が一歩リードです。

ただ抜けたモーターは上記6基の中にはありません。

今大会の芦屋の注目モーターは以下の通りです。

石橋の20号機、船岡の23号機、篠崎元志の12号機、河村の52号機、是澤の14号機、馬場剛の49号機、山崎智也の51号機辺りが素性の良いモーターです。

以上芦屋の競艇予想の参考にして頂ければと思います。



芦屋の狙い目は4レース公開


以下全ての買い目は完全無料レベルの情報です。

↓芦屋3R↓
1 河村 了
2 菊地孝平
3 須藤博倫
4 池永 太
5 白神 優
6 山崎智也
3連単の軸は1号艇の河村了を推奨します。対抗相手は2,3,4へ。軸が飛ぶ場合は2=4の折り返し。5,6は買っても3着まで。


↓芦屋5R↓
1 春園功太
2 鶴本崇文
3 渡邊雄一
4 羽野直也
5 永井 源
6 瓜生正義
3連単の軸は1号艇の春園功太を推奨します。対抗相手は3,4,6へ。軸が飛ぶ場合は4=6,3=4の折り返し。2,5は買っても3着まで。


↓芦屋11R↓
1 馬場貴也
2 大橋純一
3 山崎智也
4 古賀繁輝
5 山田祐也
6 岡崎恭裕
3連単の軸は1号艇の馬場貴也を推奨します。対抗相手は3,4,6へ。軸が飛ぶ場合は3=4,3=6の折り返し。2,5は買っても3着まで。


↓芦屋12R↓
1 峰 竜太
2 吉川元浩
3 篠崎元志
4 原田幸哉
5 平本真之
6 永井彪也
3連単の軸は1号艇の峰竜太を推奨します。対抗相手は2,3,4へ。軸が飛ぶ場合は2=4,2=3の折り返し。5,6は買っても3着まで。