今日6月11日の競艇予想(鉄板)は鳴門のG1大渦大賞の優勝戦となります。ブログにて買い目を公開します。

鳴門競艇予想(6月11日)|G1大渦大賞開設67周年記念競走の優勝戦


本日6月11日はG1鳴門は優勝戦となります。

鳴門12Rの優勝戦1号艇には福岡支部の岡崎恭裕が乗艇。

今節(G1大渦大賞)はエースモーターを手にした岡崎恭裕が節一クラスの舟足でポールポジション。

岡崎は今年4優出2優勝としていますが記念レースの活躍はありません。

2号艇の瓜生正義も気配良く伸び中心に良い舟足です。

瓜生は記念レースだけで6優出、1優勝と好調モードです。

福岡支部の両者がイン水域を独占。

丸岡正典は出足、回り足と良く同期の興津藍も似たような舟足です。

舟足だけなら丸岡、興津、横澤の3選手は出足中心に良い舟足です。

6号艇の菊地孝平はモーターは中堅レベルで特に目立つところはありませんが悪くもありません。

このG1鳴門の大渦大賞の優勝戦はイン水域を福岡支部が独占、センターコースには85期の同期コンビの銀河系、

アウトコースには82期の静岡支部の同期コンビが出場となりました。

今節(G1大渦大賞)もトップスタートを多く決めている菊地がコース取り、進入で動くのかどうかも注目です。

舟足だけなら岡崎と瓜生の福岡支部の両者がリード。

出足系統なら丸岡、興津、横澤も好気配です。

以下全ての買い目は無料レベルの予想となります。

6月11日の鳴門競艇予想(G1大渦大賞)の買い目を公開します。



鳴門11RのG1大渦大賞の最終日の予想


1 篠崎元志
2 森高一真
3 山崎智也
4 渡邉和将
5 渡邊雄一郎
6 三浦敬太

篠崎元志のイン戦で気配は平凡で篠崎だけが舟足中堅レベル。それでもイン戦で中心選手。森高、山崎智也はともに気配悪くなく、もう少し出てもいいモーター。格下ではありますがカドになりそうな渡邉和将と渡邊雄一郎のワタナベコンビは共に伸び中心に気配よく注意。スタートどこまでいけるか。三浦も悪くなく戦えるレベルで展開次第。

3連単の軸は1号艇の篠崎元志を推奨します。対抗相手は2,3,4へ。
軸が飛ぶ場合は2=3,2=4の折り返し。6は買っても3着まで。5注意。


鳴門12RのG1大渦大賞の優勝戦の予想


1 岡崎恭裕
2 瓜生正義
3 丸岡正典
4 興津 藍
5 横澤剛治
6 菊地孝平

このレースは舟足的には岡崎と瓜生が注目モーターで気配的にリード。丸岡や興津、横澤は出足系統は上位クラス。強いて挙げるならこの3者の中では興津が舟足ではリード。菊地は中堅レベルのモーターです。進入で菊地がプレッシャーをかけにいくのか、動くのかどうかも注目です。展開ありそうな選手も。

3連単の軸は1号艇の岡崎恭裕を推奨します。対抗相手は2,4,5へ。
軸が飛ぶ場合は2=4,2=5の折り返し。3,6は買っても3着まで。


↓最新情報はTOPページへ↓
競艇予想はこちら

タグ